保護犬の飼い主さんみつかりましたー(^o^;

ワンニャンのアメブロと新聞に掲載させていただいた保護犬の飼い主さんがみつかりました!!

2017年12月2日、函館市内の川原で動けずにいて、警察とワンニャンの関係者によって救出され、そのあとワンニャンパトロールで生活していた保護犬の飼い主さんがみつかりました。
新聞の掲載記事を保健所の職員の方が見ていて、飼い主さんの身内の方から保健所にかかってきた犬の特徴が似ているという事で、ワンニャンに連絡が…。半ば、捨てられたとあきらめかけていた私達もびっくり(・・;)の展開ヘ。
12月15日、二週間ぶりに住み慣れた我が家ヘと帰って行きました。

飼い主さんのお話では、名前はクーちゃん。目も耳も不自由な御年15才以上の高齢犬。つながれていた鎖や首輪がはずれて行方不明に。寒い時期、高齢犬の事もあり、すでに亡くなっていると思っていたと話してくれました。
飼い主さんも高齢で、どうやって探したらいいかわからずに、時間がたってしまったとか。

クーちゃんを送っていった時、新しい鎖と首輪を買って待っていてくれました。
高齢とはいえ、食欲もあり、まだまだ元気なクーちゃん、二度と行方不明にならないように、飼い主さんにいろいろアドバイスさせていただきました^^;

自分の家に戻り、飼い主さんと会った時、安心感と嬉しさを体いっぱいに表したクーちゃん。
本当に良かった?\(^o^)/