新年があけて…わんこもにゃんこも喜びいっぱいの一年になりますように(*˘︶˘*).。.:*♡

 

今年は戌年U^ェ^U。
普段あまり紹介出来ないワンニャンの犬達の紹介を…。

 

ワンニャンで暮らす犬たちは、ほとんどが10才以上の高齢犬。出身も保健所、レスキューから、飼育放棄されてなどいろいろ…そんな不遇な経験をして来た犬たちも、スタッフや散歩ボランティアさんの愛情をいっぱい受けながら、ワンニャンの家族として暮らしています。

 

健康で幸せな日々が1日でも多く続きますように🙏

 

 

 

ちゃちゃ丸、16才。
ワンニャンレスキューから引っ越して来て6年。
まだまだ元気なシニア犬。

 

 

13年前、ナナカマドの実が色づく秋に保健所からワンニャンの家族になったナナ。14才。
若い頃はよく吠えてて、譲渡されるも再びワンニャンへ。愛すべきワンニャンの家族です。

 

 

リン、12才。飼い主さん病気の為、保健所行き寸前でワンニャンへ。
寒くても、洋服嫌いで、犬小屋の防寒用の敷物や覆いを破壊してしまうスタッフ泣かせのわんこです^^;

 

 

ラッキー、16才。
一年半もの間、飼育放棄され、無人の家の前の雨漏りのする犬小屋で、独りぼっちで暮らしていたわんこです。
ワンニャンに保護され4ヵ月。元気に暮らしています。

 

 

たっくん、推定14才。
保健所からワンニャンへ。目や耳など、老化が進み、眠っている時間が多くなりました。

 

 

さっち、3才。
ワンニャンで一番若い保護犬。野犬の子として家族で保健所に保護されワンニャンへ。
人への警戒心が強く、散歩も苦手。写真も苦手で、やっと写した貴重な一枚。